<
>

メンズシャツ(2015年2月)2016/09/05

2種類のきもの生地を組み合わせたメンズシャツ。

絞り柄はは羽織。

絞りでない方の柄物は、染め見本帳です。
染め見本は、一つの柄は数十㎝づつ、いろんな柄が1枚の布に染められています。
これを、襦袢(いわゆる下着)に仕立てられている物があるのです。
とても面白いです。

色合いと生地の柔らかさが似ているもの同士を組み合わせると、不思議なほど調和します。
なかなか出会えない一点になりました。

メンズシャツ






メンズベスト(2014年11月の作品)2016/09/05

過去の作品で、ブログにアップしていないものを紹介していこうと思います。

写真は、メンズベスト。
おじいさまの大島紬を、ベストに仕立てて形見分けにしたいというお客様のアイディアで、同じようなベストを、サイズいろいろでいくつか作らせていただきました。

リバーシブルになっています。
メインで着られるのは、大島紬の方になります。

大島紬メンズベスト

リバーシブベストの裏面


きものふくmuseum#0042014/01/26

#004 2003年作
メンズのアロハ風シャツ3点です。
何でもないような柄ですが、年配の男性陣に非常に良く似合っておりました。(^^)
きもの(絹)という素材の持つ力ですね。

うす~い緑がかった横畝の生地に柄が入っています。
羽織りでした。
襟は似た色の別布を持ってきました。
きもの地アロハ風シャツ

こちらは、ちりめんのきものからです。
ベースは白ではなく、なんとなくピンクがかっています。
白髪のお客様に非常に似合っていました。
白のパンツに合わせて本当におしゃれでした。

ブルーグレーの横畝の生地です。
幾何柄が面白い羽織りでした。
襟は、紬の無地を合わせました。

もう少ししたら、派手目のアートなデザインのシャツも登場します。
お楽しみに。(^^)

メンズ・リバーシブルベスト2013/06/19

大島紬と小紋からリバーシブルベストを作りました。
写真は、LサイズのボディーにLLサイズのベストを着せているので、ちょっと大きいのですが。
大島紬のメンズベストLL


着物や羽織の形見分けにと、メンズベストを何着かご注文いただきました。
まず、最初はご主人用のLLサイズからです。
大島紬のきものと羽織のお対を二組お預かりしているので、ベストが6着は十分とれそうです。
確かに、きものでもらうより、こんなベストになってもらうと形見分けも喜ばれそうですね。よいアイディアです。



着物や羽織の解き洗いは別途1着あたり1500円かかります。
仕立て代は、ベスト1着16000円です。


あずみ野木綿のメンズシャツ2012/09/24

きもの生地ではありません。
あずみ野木綿という、ふっくらと温かみのある木綿です。
普通のシャツ生地より太い糸で織られています。
非常に気持ちの良い素材で、いろんな色もあるので、これからも使ってみたいと思います。(^^)


お手持ちのお気に入りのシャツと同じデザインで作ってほしいとご注文いただきました。
オーケストラの指揮者をされているお客様で、ゲネプロ(直前リハーサル)の時にお召になるのだそうです。スイスの方です。
というわけでもないのですが、新しく作ったタグには、NORI+Mamaのロゴの下にHAND TAILORED IN JAPANと入れました。(^^)

スタンドカラー、ドロップショルダー、カフスの無い筒袖。
あずみ野木綿のメンズシャツ

胸ポケットは、ポケットの中にさらにペンポケットがあるこだわったもの。

丈は、ジャケットのように着たいので、長くしてほしいとのことで、後ろ中央で85㎝あります。
太もも丈です。

参考仕立て代
あずみの木綿 4,500円
仕立て代   16,000円
合計      20,500円
*袖口をカフス仕立てにすると3,000円アップします。