<
>

クララのイラストカード2013/11/19

11/28~30のOne Coin Cafe'にも販売予定の二女クララのイラストカードが出来ました。
聖書の御言葉が英語でさりげなく入っています。
プレゼントに添えたり、飾ったり、癒し系のイラストはいかがですか?(^^) 1枚100円で販売予定です。

くりすますかーと
くりすますかーと

ぱとれーぬ

豆っ娘

時がある

with you

かきよとりんご


48歳の誕生日に捧げます2013/01/17

天国の物語

天国は霊の国。

今日もたくさんの霊たちが、肉体と魂を与えられ、地上に生まれるのを待っています。
霊たちにとって、地上で生きることは無量のよろこび。

たとえ、それが生まれてすぐに死んでしまう命でも、とても不幸で悲しい人生を送るとしても、「生まれてきてよかった!」なのです。

けれども地上は、闇の霊が支配しています。
私たちの肉体の中に魂があり、その中に霊があります。

霊は、この地上では天国の記憶をなくしています。
なので、私たちの肉体や魂は、痛み悲しみます。
もちろん大きな喜びも経験します。
けれども、何か違うのです。
もっともっとと魂は、真の幸せを求めてさまよいます。

求めてさまよう魂に闇の霊が、さまざまな誘惑をしかけてきます。
とても甘くおいしい誘惑。まことしやかな誘惑。
しばらくは、もしかしたらず~っとおいしいかもしれません。
けれども、この道の最後は破滅へと続いています。

生きている間、同じように神の霊も私たちの霊に絶え間なく語りかけます。
「帰ってこい!記憶を呼び覚ませ!」
神の声を聞き、記憶を呼び覚ました霊は、創造主なる神の元に帰ってきます。
魂は、ほんとうの幸せに出会い、本当の平安に満たされます。

そして、この地上での肉体の命が、ひと時の仮のものであることを知ります。
天国に永遠の命があることを知ります。
肉体の命の終わることを恐れなくなります。

なぜ、神様はそんな回りくどいことをされるのか?
本当のところは神様にしかわかりません。
分からなくてよいのです。
そんな人間に理解できる程度のちっぽけな物語ではないからです。

けれども神様は、私たち人間を、自分の姿に似せて造られた最高傑作だと言ってくれます。

そして一人一人に、使命を与えてくれています。
はやく、その使命に気づき、神様と共に歩んでくれることを気が遠くなるほど待っていてくれています。

その徴に、神様は一人子(イエスキリスト)を人間の罪の代価として、十字架にはりつけにまでされました。
それほどに、私たちを愛してくれています。


だから私たちも、信じる者に無限の愛と憐れみを注がれ、天国を用意してくださる神様を愛することができるのです。

みことばぬり絵2013/01/08

*1/9画質アップしました
癒しのイラストレーター、二女くららさんのイラストをぬり絵にしてみました。
それだけではもったいないので、聖書のことばの書写も入れてみました。

聖書の言葉=みことば、には力があります。
つぶやくだけで、もちろん書けばもっと、私たちを豊かないのちの恵みに連れて行ってくれることでしょう。

癒し効果絶大です。
ボケ防止にも!?いかが?
A4用紙にプリントアウトして、お気軽に色をぬってみたり、ペンでみ言葉をなぞりがきしてみたり・・・ひと時心穏やかな時間が与えられますよ。(*´∀`*)
出来たものを、冷蔵庫に貼ったり、トイレに貼ったりもいいですね。

下の画像をクリックして拡大⇒右クリックから名前をつけて画像を保存⇒A4で印刷



シリーズ化していく予定です。(^∀^)ノ



証し2012/10/26

誰でも長く生きれば生きるほど、人生の転機を経験する。
転機は、自他共に認める劇的なものだったり、実は自分にしかわからないささやかな、でもものすごい転機だったり。
そういう転機を経験して、私たちは成長していくのだろうな。

転機の時には、「これぞ、人生の奥義!これでこの先もやっていける!」と悟った誇らしい気持ちになったりする。
けれども、時がたつにつれ、「やっぱり、まだまだだな」と思う。
聖書にも書いてある通り、「悟ってはならない・・・」 なんだろう。

この世は、無常。いつもいつも、私たちを存在たらしめている絶対の存在に、祈りつながり、智恵と愛をいただいて生きることを求められているんだろう。

私にも今、人生の何度目かの転機が来ている。
はたから見れば大したものではないだろう。
客観的に見ればもっと大変な試練も修羅場もくぐって来た。
でも、私にとって今が、大きな大きな恵みの時。

右側顔面神経麻痺。
笑えなくなって、初めて知った。
「笑顔になれること」
これは、あたりまえのことではなく、神様が与えてくれた宝物。
聖書的に言うなら、賜物。
賜物は、精一杯生かすことが求められている。
周りの人のために、そしてめぐりめぐって自分のために。

周りの人に、笑顔を向けること、微笑みかけること。
今まで、私はどれだけこのことを軽視し、怠ってきただろう。
微笑みかける人を選別してきたことだろう。
誰にでもできて、いちばん尊いこと。

一番、大切な賜物、微笑みかけること=愛。
今、私はこのことを教えられた。
私の人生にとって、こんな大きな恵みはない。

早く、治って、微笑みたい。
今は、心で微笑む練習。(^^)



クッキーで復興支援2012/09/05

母の教会のご縁で、宮城県亘理町の亘理聖書キリスト教会へクッキーを支援物資として送らせていただきました。

先日、熊田牧師が支援のお礼と報告のため兵庫県川西市の能勢川キリスト教会まで来られ、母は直接いろんな話をお聞きして、「自分に出来ることはこれだ!」との思いが与えられたそうです。熊田牧師は、仮設住宅をまわり「焼き鳥」の炊き出し、支援物資の配給などされておられます。

母の作ったクッキーに、二女デザインの聖書のみことばシールを添えて、本日45袋を発送しました。
みことばクッキー

聖書のみことばは、どれも深く、神様が私たちに直接語ってくださる愛のメッセージです。
これからもいろんなカードを作っていくのが楽しみです。