<
>

格子柄の雨ゴートから(2015年2月)2016/09/05

雨ゴートには、格子柄のものが多いように感じます。
チェック柄なのですが、和柄としては、格子柄なのです。
なんだか良い響きではないですか?(o^^o)

雨ゴートなので、目の詰まった織になっていて、少し光沢もあります。
膝丈のティアードスカートと、セーラーカラー型のスカーフにしてみました。

スカートのウエストは、ゴムベルトとファスナー開きの併用。
これがとても具合よいのです。

雨ゴートのスカート





黒の羽織とちりめんきものから2014/10/02

羽織や、きもの、道行コートなど黒のきもの類ばかりをお持ちくださり、いろいろオーダーいただきました。
以前にワンピースやジャケットを紹介させていただいていた、最後のブラウススーツ。
こちらもお気に入りのカットソーからのデザインということで、少しむつかしかったですが、素敵な服に仕上がりました。
羽織とちりめんのきものから

斜めのレイヤードになっていて、みの虫のような、なんだかおしゃれなブラウススーツです。
かなり手間ですが私のも、作ってみようかなと思いました。(^^♪

柄織の羽織と無地のちりめんきものを組み合わせて作らせていただきました。



きものふくmuseum#0082014/02/03

2003年作
地柄の美しい襦袢から作ったフレンチスリーブのブラウス
と、8枚はぎのスカートです。
スカートの丈が随分長かったですね。

3種類の生地を8枚はぎあわせてあります。
どれも柔らかい絹で、とてもしなやかで手触りのよいスカートでした。
このころ、8枚はぎや6枚はぎのスカートをたくさん作りました。


きものふくmuseum#0072014/02/03

2003年作
つけ下げだったかと思うのですが、友禅柄の群青色のきものでした。
戦後の新しいもので、しっかりとした生地でした。
水に通しても縮むことなく、長袖の上着とロング丈のスカートが取れました。
きものスーツ

室内で紫色に写っていますが、実際は上の写真の色に近いです。

こちらも画像が悪くて申し訳ありませんが、襟の感じがわかるでしょうか?1枚襟で波打った花びらのような襟でした。
襟の縁は、巻きロックで始末してあります。




きものふくmuseum#0032014/01/26

#003 2003年作
夏物のきもの、ろからTブラスス&スカートを作りました。
本当に美しい色柄ですね。
今は、こんな着物も無くなってきました。

スカートは、ブルーの薄物と切り替えで組み合わせてあります。

後ろにかかっている、アロハ風のシャツもしっかり目の綸子で作ってあります。女性物です。

スカートは、6枚はぎです。
Tブラウスは、開き無しのかぶりです。
ろのブラウス&スカート